HOME>オススメ情報>オーディション写真はスタジオで撮影しよう!はじめてガイド

お勧めのオーディション写真撮影スタジオ

お勧めの写真撮影スタジオは、オーディション写真撮影に長けていることが第一です。ポージングや空気感をうまく作り出してくれます。

オーディション写真を撮るときに気を付けること

オーダーをきちんと伝えること

バストアップ、全身などどんな写真が欲しいのかオーダーを伝えましょう。

服装をきちんと整えること

写真審査は服装審査でもあります。きちんと身なりを整えましょう。

メイクは控えめにすること

フルメイク・カラコン・ツケマはNG。できるだけ自然なあなたでいてください。

プロの写真家に依頼をすること

オーディション写真撮影に長けたプロの写真家に撮影依頼をしましょう。

撮影写真は事前に確認してから注文すること

デジタル撮影なら、その場で写りを確認してから注文しましょう。

プロに撮影してもらう

ステージ

オーディションでは必ずといっていいほど、プロフィール欄に写真も添付します。写真選考であれば、最大アピールしたいものですから、オーディション専属(専門)カメラマンに撮影してもらいましょう。芸能事務所近くには、必ずそうしたフォトスタジオがあり、オーディション合格者も続々誕生しています。その仕組みは至ってシンプル、事務所では宣材写真をそうしたカメラマンに依頼しているからです。売り出すためにクライアント向けに撮影するのですが、事務所やクライアントの求める撮影を知り尽くしているからこそ、たった1枚でも審査員の目に留まるのです。

経験をアピール

撮影

モデルやアイドル、タレントなどの芸能関連のオーディション写真では、撮り方もポイントがあるといいます。審査を通過してからは宣伝用とした撮影も事務所にて行いますが、書類選考であっても、自分を売り込む1枚が必要です。メイクや角度、表情などはオーディションを受ける業界によって異なりますから、事前にしっかり勉強しておきます。ちなみに、モデル志願ならば、これまでに出演したショーがあれば、写真集にして持ち込みましょう。それだけで選考会では有利になり得ます。

加工していない1枚

女性

オーディション用の写真を撮影するにも、訪問出張サービスもあります。バックの背景もセッティングしてくれたり、加工も担います。しかし、加工技術は顔をいじっているように見える可能性もあり、合否に深く関与するためにナチュラルな写真を提案してくれます。加工なし、そうしたフォトスタジオを選ぶことで写真選考に合格するケースもあるようです。

広告募集中