オーディションに合格するには写真が重要です

芸能活動の第一歩であるオーディションは書類審査からすでに始まっています。写真があなたの印象につながるので、写真そのものが重要になります。

合格のためのオーディション写真をこうやって撮りました

自然な表情を心掛けました

自然な笑顔ができると、柔らかい印象を与えることができます。表情は笑顔が一番ですね。

指定された内容をきちんと守って!

白背景、無帽など指定された内容をきちんと守った写真を撮影しないと一次審査は落ちますよ!

バストアップ写真は背筋を伸ばして!

バストアップ写真を撮影するときは、背筋を伸ばして胸をそらせるようにポージングすると格好よく映ります。

自分をきれいに見せる服装に注意しよう

アー写はスタイルも重視されます。自分をきれいに見せる服装を選んで着こなしてくださいね。

信頼できる写真家に依頼しました

光を上手に使って表情をうまく引き出してくれる、写真家にオーディション用の写真を依頼しました。

スタイルの良さをアピール

ファッションショー

芸能人としてデビューするためにオーディションに参加したけれど、面接で落ちる事が多くて頭を抱えている方々は、写真の撮影方法を間違っている可能性もあります。カメラの角度を少し間違えるだけでもスタイルが悪く見られてしまい、書類選考の段階で落選する事もあるので注意が必要です。オーディション用の写真を撮影しているプロを頼る事で、足が長く見えるような角度の選び方も学ぶ事ができます。照明の使い方を間違えるだけでも顔が暗くなって、目元のクマが目立つ事で印象が悪くなる場合もあるので、プロの照明の使い方なども参考にしてください。美しく見られたいからといって、アプリを使って顔の輪郭まで編集するような行為はルールに違反しているので厳禁です。

正しい構図を選択する

キャスティング

足の長さをアピールするためにオーディション用の写真を撮影する際には、カメラの位置が高かったり低すぎると問題が発生します。カメラの位置が高いと顔が大きくて足が短く見える構図になるので、なるべくカメラを正面に置いてから撮影を始めておくと、足の長さをストレートに伝える事が可能です。顔とカメラの位置が近すぎると頭の一部が入りきらずに、オーディションの書類選考でも不利になるので、注意しながら写真撮影を始めてください。

体型が分かりやすい衣装を選ぶ

女性

自分の体型の美しさに自信がないからといって、体型が分かりにくい衣装を着用した状態で写真を撮影して、オーディションに参加すると審査で落ちる可能性もあります。本来の体型が分かりにくい服装だという事を審査員はよく見ているので、腕や腰などの大きさが分かりやすい衣装を選択してください。流行を意識した服装だという事をアピールしても、審査員に良い印象を与えられるとは限らないので、自分の魅力を伝えられるかを重視する事をおすすめします。

広告募集中